環境汚染や残留農薬の問題など安全は食品を選ぶ事はますます難しくなっています。

健康的な生活習慣してますか?今日からできる生活改善
健康的な生活習慣してますか?今日からできる生活改善

増大する食品安全問題

食品安全の問題はますます大きくなっています。
残量農薬や添加物について心配する消費者も少なくありません。
食物は健康と密接に結びついています。
安全な食物を取り入れることはとても大切です。
特に油は体に残りますから、良い質の油を選び購入しなければいけません。
野菜や肉、魚は調理する前によく水で洗う必要があります。
野菜は水にしばらく浸しておくことにより農薬を除き去ることができます。
完全に除去する事は無理でもかなり効果があります。
企業は時として利益を追求するあまり消費者の健康や食品安全を考慮するのは後回しになるかもしれません。
現代の私達の生活は自給自足ではないので食べ物はすべて購入するしかありません。
それだけに企業が負っている責任は大きいと言えます。
添加物や化学調味料により味をととのえ、より美味しく感じるようにできます。
長期にわたって化学調味料をとりいれることは健康に影響があるかもしれません。
できるだけシンプルな味付けは健康に寄与します。
野菜に塩をかけるだけでもおいしくいただけます。
調味料を過剰にとりいれることにより味覚が麻痺する事もありえます。
ある実験で数種類の異なる味の成分を用意します。
つまり甘いもの塩辛いもの苦いもの酸味のあるものなどです。
そしてどれが甘みでどれが塩気のあるものか述べてもらいます。
一見簡単そうなテストです。
ところが前門正解した人は意外にもすくなかったのです。
多くの人は味覚がすでに麻痺していたのです。
添加物や既製品のものを長く取り入れることにより人間本来に備わっている味覚が損なわれていたのです。
また食品アレルギーやアトピー性皮膚炎などで苦しむひとが増えています。
昔はきかなかったような病気です。
小麦粉アレルギーで小麦粉が食べられないとなると市販のパンやお菓子なども口にする事ができません。
家庭で手作りするしかありません。
小麦粉の代用はもち粉などで牛乳の代用は豆乳などでできます。
手作りのお菓子やパンの方が安心していただくことができます。
市販のパンに含まれている添加剤はあまりよくありません。
アレルギーがあってもなくてもできるだけ手作り食品を心がけるなら健康促進に役に立つに違いありません。
最近は水の汚染も懸念されています。
一昔前は飲み水を買うということはありませんでした。
今は自動販売機で水を買う時代です。
水素水など水に手を加えたものも人気があります。
ジュースや市販の紅茶は飲みやすくおいしいですが、やはり水に勝る飲み物はありませんのでできるかぎり水で水分補給しましょう。