世の中にはいろいろな健康法がありますがどれをするにしても続けることが大切です。

健康的な生活習慣してますか?今日からできる生活改善
健康的な生活習慣してますか?今日からできる生活改善

いろいろな健康法

世の中にはずいぶんと変わった健康法がそんざいします。
それぞれの個性的な健康方法にどこまで科学的根拠があるのかはわかりません。
いちばんおどろいたのは自分の尿を飲むという健康方法です。
身近に試した人もいましたからたいへんおどろきました。
その健康方法についてくわしくききたいともおもいませんでした。
他にも裸で寝ると言う健康法もあります。
一糸まとわず布団にはいるというものです。
つまり体を締め付けるもととなる下着やパジャマをいっさい着ないということで極限に体にかかる負荷をゼロにするという理論なのでしょうか。
しかし最近ある健康雑誌で人間の皮膚は毎日剥がれ落ちるから何も着ないで布団に入るのはかなり不衛生なことであるとかかれていました。
たしかに不衛生ではあるが健康にはいいのかもしれません。
ほかにもジョギングやウォーキングなどはむかしからある比較的安全でよくしられた健康法です。
一日に三回程度の運動が望ましいとされています。
しかしなんでも過ぎたるは及ばざるがごとしである人はジョギングした時に得られるアドレナリンの放出による興奮感をえたいがために極端になって1日に何十キロも走るようになっていたそうです。
ジョギングは身近な運動ですが注意しないと膝や脚を痛めることにもなります。
自分にあった無理のない範囲で運動する事はとても大切です。
運動した後や運動前は十分な水分を補給しましょう。
ジュース類でなくごく普通の水や浄水器でろ過した新鮮な水が理想です。
また運動はうつ病の治療の一環としても取り入れられています。
うつ病の患者さんに定期的な運動をしてもらったところ多くの人は薬を減らすことができたのです。
うつ病に処方される薬には副作用のきついものも多くそのためふらついたりボーっとしたりすることもあるそうです。
その点運動で副作用はありませんからとても健康的で自然な治療法です。
人間にもともとそなわっている病気に抵抗しようとする力を高めることができれば強い体を作ることができます。
私たちの体の免疫はストレスによって弱まる事もあるそうです。
できるだけストレスをためないようにしましょう。
ためてしまうと発散しなければいけませんのでストレスがたまらないように積極的な見方で思考の型を形作る事はとても大切です。
世の中にいろいろな健康法があり、次々に新しい健康法も誕生します。
どれを実践するにしても続ける事で効果がでるかもしれません。
またストレスをためないようにする生活も健康には欠かせません。