数多くの報告は怒りやすい人が心臓疾患にかかりやすいことを示しています。

健康的な生活習慣してますか?今日からできる生活改善
健康的な生活習慣してますか?今日からできる生活改善

怒りと心臓疾患

数多くの報告は怒りやすい人が心臓疾患にかかる確率が高い事を示しています。
また怒りやすい他にも恨みなどの消極的な感情が健康に及ぼす影響も大きいことも示しています。
笑うかどには福来るとはよくいったもので精神状態や思考の型は健康を保つのにとても大切です。
怒りやすいとなぜ心臓疾患にかかりやすいのでしょうか。
怒りを感じるときや腹を立てたときはたいてい血圧が上がりますから容易に高血圧を引き起こします。
逆におだやかであるなら血圧も極端に高くならないかもしれません。
怒ったり腹を立てたりというのは日常よくあることですがそれでもできるだけ感情をコントロールすることにより穏やかな心を持つことができます。
それにより健康に寄与します。
また消極的な考えをいつも抱いているなら容易に睡眠障害になるかもしれません。
睡眠前はできるかぎりリラックスしたほうが理想的な入眠状態にすることができます。
睡眠前と起床後は水分を取りましょう。
普通の水でも浄水器の水でもかまいません。
もし考えるだけで腹のたつことを考えたり自分ではどうしようもできないことをいつまでも思い出したりするなら睡眠の妨げになります。
よく眠れないと免疫力はすぐに落ちてしまします。
免疫力が落ちてしまうと風邪にかかりやすくなります。
とはいってもいろいろなことが発生し予期せぬ事も必ずおきますのでいつもそのような穏やかな状態でいるのは難しいかもしれません。
それでもできるかぎり感情をコントロールして怒らないような習慣をつけることは大切です。
その方が健康に良いのはもちろん、人間関係も改善できます。
なにより自分自身に及ぼす影響としては毎日を楽しく過ごす事ができます。
確かにいつも怒っている人のそばにはだれも近寄りたくないのではないでしょうか。
ストレス社会に生活していると日常のちょっとしたことにイライラしてしまうかもしれません。
また女性であるならホルモンのバランスの乱れなどで周期的にイライラすることもあります。
そういう時であっても感情の赴くままに行動発言するのではなく、深呼吸して意識的に優しい話し方をするなら感情をコントロールする助けになります。
また別の報告は楽観的な人が長生きする確率が高い事も示しています。
物事に対する考え方が寿命にまで影響するのですから驚きです。
一日悩んで暗い気持ちになったとして、それが一週間一ヶ月一年十年と積み重なると徐々に体にも影響を及ぼすようになるのです。
ですから怒らないことに加えて楽観的な見方も大切です。
すべての病気を気の持ちようで直す事は現実的ではありませんが積極的な見方は健康に寄与することはたしかです。

おすすめ情報